後悔しない選び方

男性女性

失敗しない指輪選び

結婚指輪の選び方で失敗したと言われやすいのが、指輪の形状についてです。というのも、結婚指輪は婚約指輪と違い、普段から身につけるものなので、後先考えずに選んでしまうと後悔してしまうことも珍しくありません。例えば、オーソドックスな指輪ではなく、当時流行っていたデザインの指輪を購入したとします。そのような場合、数年後には流行が廃れてしまっていて、今ではその指輪着けるのが少し恥ずかしいと感じることがあります。また、特殊な形状の指輪は日常生活で支障をきたす場合があるため、なかなかおすすめできるものでもありません。また、逆にシンプルすぎて失敗したということもあります。特に、男性側の意見だったり、結婚指輪はシンプルなものをという認識が強ければ強いほど、数年後にはもう少し可愛いデザインのものが良かったと感じやすい傾向にあります。自分の意見を考慮してもらえなかったという思いや、固定概念に囚われすぎることで後悔することもあるので注意です。男性側の失敗談としては、女性側の意見を全く聞き入れられず、サプライズで渡してしまった場合です。結婚指輪というものはお互いに交換して身につけるものです。相手の意見なしに購入してしまい、喜んでくれるだろうとサプライズで決めてしまうことで女性側から反感を買うことがあります。また、ハイブランドにこだわりすぎると、アフターケアのメンテナンス料金が高くなりがちになるので、現実的な部分と照らし合わせながら指輪を選ぶことが大切です。